話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

TOP

映画 公開情報

映画 リリース情報

映画 感想/レビュー

映画 ニュース

映画 「アバター」 レビュー(画質について)

スポンサーサイト

  • スポンサーサイト
    (-------- 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画 「アバター」 レビュー(画質について)

  • 映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    (2010-02-01 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • 作品のあらすじなどは別サイトで確かめてください。

    「アバター」はすでにほとんどの方がもう観に行っていると思います。
    ストーリーの感想についてはいろいろなサイト(ブログ)で記事が書かれていると思いますので、
    私は"3D映画"という視点で感想を書いてみたいと思います。
    (ネタバレもいっさいありません。)


    過去記事リンク


    映画の日 3作品観てきました!
    ラブリーボーン、アバター、パラノーマル・アクティビティ

    映画 「ホースメン」DVD見どころ
    チャン・ツィイーが殺人鬼に挑んだ話題のサイコ・スリラー

    映画 「アドレナリン2」DVD/BD見どころ
    鑑賞する前に「アドレナリン2」の見所をおさらい


    "映画 「アバター」 レビュー(画質について)" の続き
    映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    自分が選んだ3D方式とその理由について・・・

    アバター(1)
    (C)2009TwentiethCenturyFox.Allrightsreserved.

    本作、映画館の3Dシステムに関する話題で盛り上がっているようで
    方式を挙げると、

    ・XpanD
    ・RealD
    ・Dolby3D
    ・IMAX3D

    が存在する。

    ちなみに、私は "XpanD" の3D方式で観賞した。

    どこかのサイト(ブログ)では IMAX3D がオススメと書いてあるようだが、
    映画の日なのに IMAX3D は割り引き観賞が効かない (チケット料金 2200円) ので、ケチケチな自分は 1300円 で観賞できる XpanD を選んだ。

    他にも XpanD を選んだ理由があって、3Dの表示(メガネも含む)には
    偏向式とシャッター式があり、
    偏向式はメガネが軽いという利点があるが、画質は垂直解像度が落ちる。
    シャッター式はメガネが重いという欠点があるが、
    画質は偏向式のように落ちない。

    簡単に説明すると、

    偏向の場合は右目用左目用の画像が重なった1枚の画像で表示される。
    重ね方は1ラインごとに右目左目と交互に組み合わせている。

    それに比べシャッター式は右目用左目用が1枚ずつ交互に表示され、
    それに同期してメガネ側が右目左目をシャッターのように開閉している。
    こちらの場合は右目用のときの1枚の映像、左目用のときの1枚の映像、
    となっているため高画質である。

    いちおうこれらは理論上の話なので、
    スクリーンサイズや席の位置、メガネの精度によって画質の印象は変わる。

    自分はメガネの重さなどは気にしないため、
    チケット代と映像のクオリティを考慮して "XpanD" を選択した。


    "XpanD" で観賞してみて・・・

    アバター(2)
    (C)2009TwentiethCenturyFox.Allrightsreserved.

    視聴した位置はスクリーンに対してド真ん中のやや前の席。
    席の背もたれに頭をあずければちょうど良い角度で観賞できた。

    普段ならこのような席は十分満足の行く観賞ポイントなのだが、
    今回はちょっと失敗したかな、という感じだった。

    というのも3Dメガネをかけた場合、"クロストーク"という問題が出てくる。

    この問題は簡単に言うと立体視は右目と左目の視差で起こる現象であり、
    右目と左目はご存知のとおり同じ映像でもズレが生じている。

    このズレが許容範囲内であれば視差として捉え、
    問題なく脳で立体に直すのだが、
    許容範囲外の箇所が発生するととたんに
    その箇所はただのズレた映像になってしまう。

    これが3D映画で言われる"クロストーク"というもの。

    若干だが、今回私が観た席の位置でもこの"クロストーク"が
    映像の端のほうで起こってしまった。
    つまり、私が観た席の位置ではスクリーンに近すぎたということ。

    本作は映像に没頭しようと思ったので吹き替え版で観賞した。
    ただし、ストーリーで登場するナヴィ人のセリフには字幕がつく。
    この字幕がスクリーン右端に出るため、私の位置だと2重に見えてしまった。
    首を右に動かせば2重ブレはおさまるのだが、
    字幕が出るたびに首を振るわけにもいかず
    字幕に関してはブレたままであきらめることにした。

    この2重ブレはもちろん通常の映像でも起こっていて
    キャラクターが近い位置にいる映像(右目左目のズレが大きくなる)では
    どうしてもスクリーン端でブレてしまいがちだった。

    まぁ、ただ幸いなことにそうしたシーンは数える程度しかなく
    ほとんどのシーンはスクリーン端には近い映像がなかったため
    大きな問題ではなかった。

    今後、いろいろな3D映画が上映されるが
    そのとき席は後ろのほうに座って観賞することをオススメします。

    ただし、あまりにも後ろすぎるとスクリーンが小さすぎて
    せっかくの迫力が台無しになってしまう恐れもあるので注意してください。


    "3D映画" の今後・・・

    アバター(3)
    (C)2009TwentiethCenturyFox.Allrightsreserved.

    実は劇場で観た3D映画は今回で2回目。
    前回は「クリスマス・キャロル」という映画を観ている。
    「クリスマス・キャロル」もなかなか良い3D作品だったが、
    「アバター」はそれ以上にエキサイティングさせてくれる映画だった。

    昔から3D映画というものはあったが、
    ホラー映画で多く使われたためか二流三流扱いされ、
    いまいち定着しなかった。

    本作「アバター」によって3D映画というものが見直されたことは間違いない。
    はっきり言ってこの作品は3Dでなければ意味がないと思うほど。
    これを2Dで観ていたらこれほどエキサイティングした自分はいただろうか。。。

    なんと言っても3Dは疑似体験度が格段に上がる。
    目の前で本当に繰り広げられているかのように感じる。

    レンタルビデオの普及が進み、簡単に映画を家庭で楽しめるようになった。
    しかしそれでも私がわざわざ映画館へ足を運んでいる理由は
    巨大なスクリーンで観るとハラハラ、ドキドキ、ワクワクが全然違うから。
    新作をいち早く観たいという理由で行くこともあるが、
    それ以上に映画館で観ると五感が強く刺激されるからという理由が圧倒的に高い。

    そういった意味で、さらに五感を刺激してくれる3D映画の存在は
    私の中での映画館の存在意義をさらに示してくれたことだろう。



    まだ間に合う!!3Dで観ていない方はぜひ映画館へ!
    じゃないと損しますよ!


    ユナイテッド・シネマを利用される方は
    下記バナーからオンライン予約(座席指定可)をどうぞ!
    チケット売り場で並ぶ手間が省けて便利です。
    ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト


    ワーナー・マイカル・シネマズを利用される方は
    下記バナーからオンライン予約(座席指定可)をどうぞ!
    チケット売り場で並ぶ手間が省けて便利です。
    映画館で並ばずにチケットが買える!


    コメント、トラックバック大歓迎です!!
    皆さんの意見や感想、ぜひ聞かせてください!

    ↓コメント送信が苦手な方は拍手だけでも! 映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    映画 「アバター」 レビュー(画質について)
    最新記事リンク

      「ANNIE アニー」 DVD/BD見どころ

      「紙の月」 DVD/BD見どころ

      映画 「ラン・オールナイト」 見どころ

      映画 「脳内ポイズンベリー」 見どころ

      映画 「ブラックハット」 見どころ

      映画 「インヒアレント・ヴァイス」 見どころ

      映画 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 見どころ

      「美女と野獣」 DVD/BD見どころ

      映画 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 見どころ

      映画 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

    映画 「アバター」 レビュー(画質について)【ふじっくす映画情報局】
    【ふじっくす映画情報局】トップページへ
    映画 「アバター」 レビュー(画質について)【ふじっくす映画情報局】

    theme : アバター
    genre : 映画

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    作品リンク










    最新記事 (公開情報)
    最新記事 (リリース情報)
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。