話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

TOP

映画 公開情報

映画 リリース情報

映画 感想/レビュー

映画 ニュース

映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)

スポンサーサイト

  • スポンサーサイト
    (-------- 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)

  • 映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    (2010-07-19 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • いったいどうしちゃったんですか!?

    『アサルトガールズ』
    2009年 日本
    監督: 押井守
    出演: 黒木メイサ 、 菊地凛子 、 佐伯日菜子 他

    アサルトガールズ
    (C) 2009 八八粍・デイズ / ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    "映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)" の続き
    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    【あらすじ/ストーリー】
    舞台は獲得ポイントを現実世界で換金できる仮想戦闘ゲーム内。 仮想空間 "アヴァロン(f)" でモンスターを刈る3人の女とひとりの男。 いつもは戦果を奪い合う彼らだが、今ステージのボス "マダラスナクジラ" を倒すため一時的にパーティーを組み、難敵の撃破を目指す。


    感想/レビューを読む前に、まずは見どころをおさらい


    映画 「アサルトガールズ」 DVD/BD見どころ




    【評価】
    『アサルトガールズ』 ☆(1/5) … 何が撮りたかったのでしょう?


    【感想/レビュー】
    押井守は何を描きたかったのだろう?

    本編が70分というのは映画としてはかなり短い。
    なので、話が凝縮されているのかなと思いきや、まったくその逆。
    スッカラカンな内容でした(笑)

    こんなこというと反感を買ってしまうかもしれないが、
    アニメ監督が歳を重ねると、どうも作風があらぬ方向に行ってしまいがち。

    例えばアニメ監督の巨匠、宮崎駿は
    個人的には 『もののけ姫』 までは理解できたが、
    千と千尋の神隠し』 は意味が分かりませんでした・・・。
    子供に向けてなのか親に向けてなのか独身の大人に向けてなのか
    誰をターゲットに作ったのか・・・。
    ターゲットのない映画作品はいい意味では芸術作品と呼ばれるが、
    一方では監督の趣味に走った作品とも言われかねない。




    本作 『アサルトガールズ』 を振り返ると
    冒頭のタイトル表示までの件(くだり)は何なのでしょう。
    途中からおっさんたちの顔写真のオンパレードで気味悪いです。
    過去作 『アヴァロン』 の世界について語っていますが、
    はっきり言って語る意味はなかったと思う。
    『アヴァロン』と比べると、スケール小さくなってるし!


    敵がスナクジラという巨大ウナギのような化け物しか出ないのも
    おもしろくない。
    この手の映画はいろんな個性的なモンスターを
    パーティ組んで倒していくのが醍醐味なのでは?
    各モンスターたちの弱点をそれぞれの得意とする攻撃方法で倒していく。
    そんな風に描いてほしかった・・・。

    本作では、単独行動で敵を倒している4人のプレイヤーが
    途中ゲームマスターによってパーティを組んで超大物マダラスナクジラを
    倒したらどうだ?と提案され、各々がパーティを組むか組まないか
    思考するシークエンスがあるが、
    演出がまったく追いついておらず、心情的なものは何も伝わってこない。
    バーチャル世界に存在するカタツムリの演出に何の意味があったのだろうか・・・。
    生き物を大事にするのであればスナクジラも大事にしなさい!

    また、登場人物たちの現実世界での生活を
    黒木メイサ演じる "グレイ" が語る場面があるのだが、
    その内容は物語にまったく関係してこない。
    例えば、佐伯日菜子演じる "カーネル" は
    子供2人を育てているシングルマザーで
    アヴァロン(f)で稼いだゲームポイントを生活費にあて生活を送っている。
    このような彼女たちの現実世界での役割が
    物語をどのように変えていくのか楽しみにしていたが、
    気がついてみたら何も変化なくエンディングを迎えていた(笑)

    さらにひどかったのが、唯一の男性プレイヤー "イェーガー" と
    黒木メイサ "グレイ" との対戦。
    あまりにも弱い "イェーガー" は何度も戦いを挑むもののすぐに死んでしまう。
    ここは観客に笑ってほしい場面であると思うが、まったく笑えない。
    あまりにもしつこいので苦笑する程度。
    物語の中でも 「しつこい!」 とグレイに言われてしまう始末だった。
    こういうシークエンスを入れるのであれば、
    NOTHING [ナッシング]』 という作品を参考にしてください、監督!


    最後のオチもびっくりするくらい笑えない。

    監督はどうやら、若者たちがゲーム世界で青春を謳歌するような
    作品を撮りたかったのでしょうか?
    それであれば冒頭の真面目っぽい入り方でアウトだと思います。
    もっとくだけた演出をしないと。

    合コンで人生について熱く語っちゃうみたいなKYな作品でした。



    ネット購入で便利なサイトのご紹介

    [楽天市場]
    ひとつの商品に対してさまざまなお店から販売されているので
    少しでも安く商品をゲットしたい方にオススメです!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    楽天市場



    [Amazon(アマゾン)]
    新品から中古商品まで品揃えが非常に豊富なので
    マニアックな商品をお探しの方にオススメです!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    アマゾン(モバイルサイト)



    [TSUTAYAオンライン]
    加盟店No.1ポイントカード「Tカード」をよく利用される方は
    "Tポイント"で購入できるので非常にお得です!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    TSUTAYAオンライン
    TSUTAYA online



    レビュー記事(過去4記事)


    映画 『インセプション』感想(ネタバレ有り)

    映画 『プレデターズ』感想(ネタバレ有り)

    映画 『サロゲート』 DVDレビュー(ネタバレ有り)

    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)




    コメント、トラックバック大歓迎です!!
    皆さんの意見や感想、ぜひ聞かせてください!

    ↓コメント送信が苦手な方は拍手だけでも! 映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)
    最新記事リンク

      「ANNIE アニー」 DVD/BD見どころ

      「紙の月」 DVD/BD見どころ

      映画 「ラン・オールナイト」 見どころ

      映画 「脳内ポイズンベリー」 見どころ

      映画 「ブラックハット」 見どころ

      映画 「インヒアレント・ヴァイス」 見どころ

      映画 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 見どころ

      「美女と野獣」 DVD/BD見どころ

      映画 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 見どころ

      映画 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)【ふじっくす映画情報局】
    【ふじっくす映画情報局】トップページへ
    映画 『アサルトガールズ』DVD感想(ネタバレ有り)【ふじっくす映画情報局】

    theme : 映画感想
    genre : 映画

    tag : 映画 あらすじ DVD 感想 ネタバレ アサルト・ガールズ

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    アサルトガールズ (2009年)

    評価: ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆( 0/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] アサルトガールズ [英題] ― [製作年・国] 2009年 ・ 日本 [監督/ディレクター] 押井守 [出演/キャスト] 黒木メイサ 、 菊地凛子 、 佐伯日菜子 ほか [作品ジャンル] SF・アクション <あ...
    プロフィール

    作品リンク










    最新記事 (公開情報)
    最新記事 (リリース情報)
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。