話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

TOP

映画 公開情報

映画 リリース情報

映画 感想/レビュー

映画 ニュース

映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)

スポンサーサイト

  • スポンサーサイト
    (-------- 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)

  • 映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    (2010-06-17 掲載記事)
    【ふじっくす映画情報局】
  • 懐かしさ溢れるホラー映画!

    『スペル』
    2009年 アメリカ
    監督: サム・ライミ
    出演: アリソン・ローマン 、 ジャスティン・ロング 他

    スペル
    (C) 2009 Curse Productions,LLC
    "映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)" の続き
    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    【あらすじ/ストーリー】
    銀行の融資窓口で働くクリスティンは、誠実な仕事ぶりで評価されている真面目な銀行員。その日、不動産ローンの延長を求めてやってきたガーナッシュ夫人に対し、クリスティンは上司と相談した上で申請を却下することにした。するとガーナッシュ夫人はこれに憤慨し、仕事が終わったクリスティンを駐車場で待ち伏せして襲いかかった。そして別れ際に彼女が発したのは、謎めいた呪文のような言葉だった…。


    感想/レビューを読む前に、まずは見どころをおさらい


    映画 「スペル」 DVD/BD見どころ




    【評価】
    『スペル』 ☆☆☆☆(4/5) … このテイスト大好きです!


    【感想/レビュー】
    流行ホラーは年代によって大きく分類できる。

    1970年代は 『エクソシスト』 や 『オーメン』 などの
    オカルト・ホラー。




    1980年代は 『13日の金曜日』 や 『エルム街の悪夢』 などの
    スプラッター・ホラー。




    1990年代は 『スクリーム』 や 『ラストサマー』 などの
    サスペンス・ホラー。




    そして、2000年代は 『バイオハザード』 や 『28日後...』 などの
    ネオゾンビ・ホラー。




    特に自分は1980年代ホラーに大ハマリだった。
    当時小学生だった自分は、よく友達と 『バタリアン』 のモノマネをして
    「脳みそくれ~」と同級生に襲いかかっていた(笑)


    1980年代のホラー作品って、グロテスクなシーンが多いんだけど
    ところどころに滑稽な演出が入っていて、なんかいい感じなのです。

    本作は、皆さんご存知のとおり 『死霊のはらわた』 のサム・ライミ作品。
    そんなわけで、自分が最も好きな1980年代ホラーのテイストがてんこ盛り!


    冒頭始まって突然現れる 「DRAG ME TO HELL」 という
    アナログチックなタイトルロゴからも
    そんな当時のホラー作りを意識している感じが滲み出ている。

    ストーリーが至って単純なのも1980年代風。

    ひどい仕打ちを受けた婆さんが復讐のために主人公に
    呪いの言葉「ラミア・・・」を浴びせ後日亡くなる。
    その後、主人公には悪魔が付きまとい次々に不幸が訪れる。
    とにかく呪いを解くことに必死になった主人公は
    最後、死んだ婆さんの墓まで向かい、呪いを解いて一件落着。
    かと思われたが・・・

    この単純なストーリーをサム・ライミが魔法のように面白くさせる。
    彼ならではの天才的な演出が至るところで光っている。

    とくに婆さんの描写はとにかく不快でサイコーにクレイジー!
    公共の場でハンカチの上に入れ歯を置いたり、
    得体の知れない気味の悪いタンを口から吐き出す。
    主人公に襲い掛かるときは大きな口を開け、なんとアゴに喰らいつく!
    こんな演出誰が思いつきますか!?

    中盤、呪いを解くため元凶となっている悪魔を呼ぶ交霊術の場面では
    悪魔にとりつかれた助手が宙に浮き、突然ダンスを披露する。
    深刻な場面なのにもかかわらず非常に愉快に踊り出す。
    怖さと笑いを同居させるサム・ライミならではのにくい演出である。

    また、ヒロインがとびきりの美人でないところもよい(笑)
    (ルックスは中の上と言ったところだろうか)
    呪いになんか負けるな!と応援したい自分と、
    年寄りをかばわなかったから自業自得でしょ、と冷めた目で見る自分がいて
    そんな複雑な感情で観ていたからこそ、
    バッドエンディングな衝撃的ラストも非常に楽しめた。

    最近ありがちな続編がありそうな終わり方はいっさいせず、
    すっきりとしたエンディングを見せてくれます!
    やっぱこういう終わり方しないとダメだよね、ホラーは。

    まぁ、1970年代作品の 『キャリー』 みたいな終わり方も好きだけど。
    (結局どっちなんだよ!と自分にツッコミ(汗))


    そしてラストはまたまたタイトル "DRAG ME TO HELL" を
    どかーんと登場させて締めくくる。
    この終わり方がたまらなくダサかっこよく、音楽のセンスもいい!


    …と、いろいろ熱く語らせてもらいましたが、
    この作品はぜひとも観てほしいという思いも込めて
    肝心のラストに関しての詳細なネタバレだけは書かないでおきます。

    1980年代ホラー好きな人にはたまらない作品ですよ、マジで。


    本編のストーリー&完全ネタバレを知りたい方は
    ぜひこちらのサイトを読んでみてください↓
    「観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー:『スペル』(2009年 米)」


    ネット購入で便利なサイトのご紹介

    [楽天市場]
    ひとつの商品に対してさまざまなお店から販売されているので
    少しでも安く商品をゲットしたい方にオススメです!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    楽天市場



    [Amazon(アマゾン)]
    新品から中古商品まで品揃えが非常に豊富なので
    マニアックな商品をお探しの方にオススメです!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    アマゾン(モバイルサイト)



    [TSUTAYAオンライン]
    加盟店No.1ポイントカード「Tカード」をよく利用される方は
    "Tポイント"で購入できるので非常にお得です!!
    (興味のある方は下画像リンクからどうぞ)
    TSUTAYAオンライン
    TSUTAYA online



    レビュー記事(過去3記事)


    映画 『アイアンマン2』感想(ネタバレ有り)

    映画 『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』感想(ネタバレ有り)

    映画 『パリより愛をこめて』感想(ネタバレ有り)




    コメント、トラックバック大歓迎です!!
    皆さんの意見や感想、ぜひ聞かせてください!

    ↓コメント送信が苦手な方は拍手だけでも! 映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)
    最新記事リンク

      「ANNIE アニー」 DVD/BD見どころ

      「紙の月」 DVD/BD見どころ

      映画 「ラン・オールナイト」 見どころ

      映画 「脳内ポイズンベリー」 見どころ

      映画 「ブラックハット」 見どころ

      映画 「インヒアレント・ヴァイス」 見どころ

      映画 「ワイルド・スピード SKY MISSION」 見どころ

      「美女と野獣」 DVD/BD見どころ

      映画 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 見どころ

      映画 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)【ふじっくす映画情報局】
    【ふじっくす映画情報局】トップページへ
    映画 『スペル』 DVDレビュー(ネタバレ有り)【ふじっくす映画情報局】

    theme : 映画感想
    genre : 映画

    tag : 映画 DVD ネタバレ 感想 レビュー スペル

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    スペル (2009年)

    作品情報を見る [作品名/タイトル] スペル [原題] DRAG ME TO HELL [製作年・国] 2009年 ・ アメリカ [監督/ディレクター] サム・ライミ [出演/キャスト] アリソン・ローマン 、 ジャスティン・ロング 、 アドリアナ・バラッザ ほか [作品ジャンル] ホラー <あらす...

    スペル

    最近は『スパイダーマン』にかかりっきりで、ホラー映画はプロデュース業でしか関わって来なかったサム・ライミ。 かつてはカルトホラーの巨匠として名を馳せた彼が、ひっさしぶりに自らの手でホラーを作った。 劇場予告編から期待が止まらない『スペル』を観てきました。...

    映画「スペル」@九段会館

     客入りは1~2階席はほぼ満席、3階席は未確認。  映画の話 ライバルに勝ち、銀行で昇進したいクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをア...

    スペル

    最近、劇場で観たい映画がないので、、、思い切って、“ホラー系映画の一人劇場鑑賞”に初チャレンジ―【story】クリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、老女(ローナ・レイヴァー)が不動産?...

    『スペル』

    (原題:Drag me to Hell) ----2日続けてのホラー。 フォーンはちょっと苦手だニャあ。 「う~ん。 だけど、この作品は監督がサム・ライミ。 他のホラーと一緒に語ったらバチがあたる。 謎めいた冒頭のエスニックな(?)エピソードから、 いきなり観る者を恐怖のどん底...

    『スペル』(2009年 米)

    (C) 2009 Curse Productions,LLC 『スペル』(原題: DRAG ME TO HELL) 2009年 アメリカ作品 監督 : サム・ライミ 出演 : アリソン・ローマン 、ジャスティン・ロング 、 アドリアナ・バラッザ ほか ---- あらすじ/ストーリー ---- 銀行の融資窓口で働くクリスティ...
    プロフィール

    作品リンク










    最新記事 (公開情報)
    最新記事 (リリース情報)
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。